アーサー技建は、土壌汚染浄化工事会社です

 

アーサー技建は、土壌汚染浄化工事会社です

 

浄化工事を適法に完了すると、土地本来の価値を回復する結果になります。

土壌汚染のある不動産価値の回復過程・・・アーサー技建ホームページより

土壌汚染のある不動産価値の回復過程

 

の説明イラストは、

土壌汚染のある不動産価値回復過程を、解り易く表現しています。

解り難い言葉がひとつ入っていて、それが「スティグマ」ですが、

スティグマ Stigma とは、※

土壌汚染に起因する心理的嫌悪感から生ずる減価要因と定義されます。

図中の、「スティグマによる減価「土壌浄化費用」の部分が、

アーサー技建付加価値の部分です。

地上に工場などの建物がある場合、解体工事 も併せて承ります。

アーサー技建仕事付加価値の部分は、

スティグマによる減価回復解体工事「土壌浄化」になります。

 

土壌汚染が目に見えないとか、よく分からないからといって、

必要以上に恐れるのでは、土地再利用のチャンスを失います。

また、過小評価するのでは、赤字で再開発するなど、後で後悔することになります。

リスクを可能な限り正確に評価し、浄化工事を低コストで行うことが求められます。

アーサー技建は、土壌汚染

リスクの正確な評価 低コストの土壌浄化工事

でお役に立つことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 本来のスティグマは、牧牛の唇のウラ側に押す烙印のことです。

 現在では、烙印の代わりにサラブレッドでも飼いイヌでも、

 マイクロチップの埋め込みが一般化しています。

 サラブレッドは、血統書やブリーディングが 巨大ビジネスなので、厳格な本人(馬)確認が必要で、

 イヌの場合、狂犬病予防接種済登録の関係があり、2022年6月より義務化されます。

【動物愛護管理法の改正法が施行される2022年6月以降、イヌにマイクロチップを装着させる義務は、販売業者に対する義務となる。飼い主には、装着させる義務ではなく、所有者登録の義務が課せられる。つまり新しくイヌを飼う場合は、ペットショップやブリーダーからマイクロチップを装着した状態のイヌを迎え、家に迎えた後は飼い主の氏名や住所などの情報を登録機関に登録する義務が発生することになる。引っ越しなど飼い主の情報の変更があった時にも届け出る義務がある。/狂犬病は、「発症後の治療法は存在せず、死に到る」という恐ろしい伝染病(主にイヌを介するが、近年は野生のタヌキやコウモリやネコが媒介した例もある)で、日本では昭和31年を最後に狂犬病の報告例はないが、狂犬病により 現代でもアジアを中心に年間3万人の死者がいる。】

 ネコでもペット医療保険に絡めて、マイクロチップの埋め込みが進むのではないでしょうか ?

 恐らく、人間もマイクロチップの埋め込みを推進すると、

 マイナンバーと連動した本人確認(電車の改札通過・課金引落し など)が、瞬時に出来るのだと思います。

 

 

 

 

 

記:野村龍司