新型コロナウイルスについて

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

感染力の極めて強いデルタ変異ウイルスが日本や世界で猛威をふるっています。いち早くワクチン接種を進めたイギリス、イスラエルやアメリカ合衆国においてもデルタ変異による感染者や死者が急増しています。幸い、ワクチンはデルタ変異であっても強い重症化抑制効果があるようです。一方、インドネシアやタイでは、これまで日本と同様に感染爆発を免れてきましたが、ワクチン接種の遅れとデルタ変異の拡大により、感染や重症化が急増し、医療崩壊の状況となっています。我が国においても、当面は感染を収束に向かわせることは難しく、如何に医療崩壊を防ぎ、ウイルスと共存するかに重点を置く必要があります。そのためには、ワクチン接種やマスク着用や3密を避けると言った基本的対策をしっかり続けるとともに、医療体制の強化が重要です。これまで以上の強いリーダーシップが求められています。

どの情報を信じるべきか?

私は、科学的な真実は、「神のみぞ知る」、と考えています。
新型コロナウイルスだけでなく科学一般について、真理(真実)に到達することはまずありません
私たち科学者は真理(真実)に迫ろうと生涯をかけて努力していますが、いくら頑張っても近づくことが精一杯です。真理(真実)と思ったことが、後で間違いであったことに気づくことを繰り返しています。
その上で、私の個人的意見としては、医学や生物学における情報の確からしさは以下のようになります。本情報発信では、各情報の根拠を明らかにし、下記の分類のどれにあたるかが判るよう心掛けています。

真理(真実)
>複数のグループが査読を経た論文として公表した結果
>1つの研究グループが査読を経た論文として公表した結果
>査読前の論文
>学術会議(学会や研究会)やメディアに対する発表
>出典が不明の情報
査読とは、他の研究者(専門家)が内容を検証することです。科学雑誌に論文を投稿すると、編集者が依頼した複数の研究者(数名)の査読を受けます。査読者は、論文の内容を検証し、そのまま公表すべきか、追加実験が必要か、それとも却下すべきかの意見を編集者に伝えます。編集者は、複数の査読者の意見を受けて最終決定を行います。しかし、査読を経て公表された論文であっても、後になって間違いであることが判明することもあります。複数の研究グループにより研究内容が再現され、複数の論文として査読後に発表された場合、信頼性は高くなります。しかし、その場合であっても、後になって間違いであることが判明することがあります。
最近は、査読前の論文であっても、インターネットで公表されることが増えています。査読前の論文は、参考にはするべきですが、他の研究者による公式の検証は受けていません。ただ、詳細なデータや実験方法は公表されますので、多くの研究者が独自に検証することが出来ます。
論文として公表する前に、学会やメディアに公表することも良くあります。メディアにより大きく報道される場合もあります。しかし学会やメディアにおける発表は、公表される内容が限られるため、検証が難しく、発表内容を鵜呑みにすることは危険です。
最近はSNS上等で、出典が不明の内容が拡散することも多くなっています。
出典が不明の情報は、玉石混交と考えるべきです

以上、「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」より、引用終わり。

 

尾身会長「パンデミックの中での五輪開催は普通でない」

東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、政府の分科会の尾身会長は「パンデミックの中での開催は普通でない」と強調し、開催するのであれば、政府や関係者が強い覚悟で感染対策などに取り組む必要があるという認識を示しました。6月3日の参議院厚生労働委員会で、政府の分科会の尾身会長は、東京オリンピック・パラリンピックについて、「本来は、パンデミックの中で開催するということが普通でない。それを開催しようとしているわけで、開催するのであれば、政府もオリンピック委員会もかなり厳しい責任を果たさないと、一般の市民もついてこないのではないか。開催するなら、そういう強い覚悟でやってもらう必要がある」と強調しました。そして、開催に伴って、人の動きが増える可能性が極めて高く、大会成功のためにはなるべく小規模にする必要があると指摘したうえで、「一般の人に『静かに家でテレビをみてください』というメッセージが伝わらないと、しっかりした感染対策はできない」と述べ、政府や関係者が強い覚悟で感染対策などに取り組む必要があるという認識を示しました。

↑の発言は、↓の発言とも呼応一貫している。

>>>「バッハ会長なんで来るのか。銀座行ったはず」 尾身氏が再来日批判   

警護がつく中、東京・銀座を歩くIOCのバッハ会長(中央)=東京都中央区で2021年8月9日午後4時6分(読者提供)

警護がつく中、東京・銀座を歩くIOCのバッハ会長(中央)=東京都中央区で2021年8月9日午後4時6分

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は25日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、東京パラリンピック開会式のために再来日した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長について、「なんで来るのか。銀座も1回行ったはずだ。必要ならなぜオンラインでできないのか」と批判した。

立憲民主党の尾辻かな子氏に、バッハ氏の対応について見解を問われたことに対して答えた。

政府新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長
政府新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長

尾身氏は「専門家ではなく一般庶民としてそう思う」と強調したうえで、「普通のコモンセンス(常識)なら(オンラインと判断)できるはず。パラリンピックはやってもらいたいという気持ちが多くの人にあるが、なぜバッハ会長がもう1回(来るのか)と強く思う」とも述べた。バッハ氏は、東京オリンピック閉会式後に東京・銀座を訪問。いったん帰国したが、国際パラリンピック委員会(IPC)の招待を受け、パラリンピック開会式出席のため23日に再来日した。バッハ氏の銀座訪問について、政府は「不要不急であるかは本人が判断すべきものだ」と問題視しない方針を示しているが、テレワークなどの徹底を国民に呼びかけている尾身氏の不満が噴き出した格好だ。>>> 

政府新型コロナウイルス感染症対策分科会の 尾身茂会長の発言は、6/3と8/25の発言とが呼応一貫しているのだが、

この発言に「よく言って呉れた、スッキリしたと手放しで賛辞を送っているのが、志茂田 景樹で、

ついに“キレた”尾身氏。ネットでは称賛の声が上がった。 《ここまで正面切って、バッハさんを批判できる人、すごい!言ってくれて、ありがとう》 《尾身さん、良く言ってくれました。誰かが言わないといけないと思ってましたが、政府関係者は誰も言えないでいる。国民には厳しく、海外からの来賓?にはルールも無視(隔離も無し)これじゃぁ、緊急事態宣言ってなんだよってなる。ただ、バッハが来てから言っても遅いよね。来る前に言ってほしかった》 《本来、政府が国民に自粛をお願いしているのだから、政府がバッハ会長に言うべきこと。それを政府や大会組織委員会が何も言わず、尾身さんが言わざる得ない今の状況がおかしいです。政治家の一人や二人、こういったことを言ってくれれば、まだわかりますが、誰もこの件を指摘しないのが、今の与党のヤバいところです》

これに対し25日、JNNによると政府分科会の尾身会長の「なんで来るのか」という発言を受けてIOCはこうコメントしたという。 「バッハ会長はIPC(=国際パラリンピック委員会)に招待されて東京を訪れている。それは日本政府によって承認されている」 つまり、“呼ばれたから来た”というバッハ陣営の呆れた反論――。26日にはIPCのクレイグ・スペンス広報部長も定例会見で「日本政府の承認も受けている。必要なことはすべてされていた。マスクもしていたし、ソーシャルディスタンスもとっていた」と反論していた。

また高橋洋一舛添要一は、バッハ会長は、既にワクチンを2回接種を済ませている、そういう人から順に、平常にやっていくのが経済回復の早道の筈だ。尾身会長の発言は、このような国際標準に逆行するもので、不適切だ。」と言っている。

つまり、賛否両論あるので両論を併記するが、僕は 高橋や舛添の意見に与する。

冒頭のシーソーの画像に戻って、

ワクチン接種の拡充や、各種の感染対策は、当面の医療逼迫の為に

医療崩壊を防ぐ為にやっている事で、VIRUSとの共存を目指すものだ。

 

感染者数が9/1に累計150万人を超えた↓

国内で新型コロナウイルスの感染が確認された人の数は、9月1日、累計で150万人を超えました。国内での感染が始まってから感染者が50万人を超えるまでおよそ1年3か月かかりましたが、100万人となってから150万人を超えるまではわずか26日で、感染は加速度的に拡大しました。新型コロナウイルスに感染した人が、日本国内で初めて確認されたことが明らかになったのは去年1月16日。中国の武漢に渡航していた神奈川県に住む30代の男性が肺炎の症状を訴え、感染が確認されたケースでした。その後、国内でも感染拡大が起き、「第1波」「第2波」を経て、去年10月30日に10万人を超えました。このあと、首都圏などを中心とした年末年始の「第3波」、そしてイギリスで最初に確認された変異ウイルス「アルファ株」の感染が広がったことし3月以降には、関西を中心に「第4波」の急速な感染拡大が起き、国内の感染者数は、4月9日に50万人を超えました。そして、感染力がさらに強い「デルタ株」が主流となった「第5波」では、これまで経験したことのないスピードで感染が広がり、国内の感染者数は8月6日に100万人を超え、きょう9月1日、150万人を超えました。累計の感染者数が、 ▽50万人を超えるまでにはおよそ1年3か月かかりましたが、 ▽50万人から100万人になるまでは4か月足らず、 そして ▽100万人から150万人を超えるまではわずか26日で、 感染は加速度的に拡大しました。 全国で一日に発表される感染者数はこのところ2万人前後で、多い状態が続き、重症患者数も過去最多レベルの状況が続いている一方、自宅で療養している人の数も、8月25日の時点で11万8000人余りと過去最多になっています。 首都圏などでは、医療体制が危機的な状況に陥っていて、亡くなる人も増加傾向にあります。 一方、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、 国別の累計の感染者数は9月1日の時点で ▼アメリカで3920万人、 ▼インドで3277万人、 ▼ブラジルで2078万人、 ▼フランスで683万人、 ▼イギリスとロシアで682万人など、世界各地で150万人を超えている国は日本以外に27か国あり、デルタ株の世界的な拡大でワクチン接種が進んだ国でも感染は増加傾向にあります。>>>NHK記事より

 

 

最近は、死亡者数が減ってきて、高齢者(65才以上)の2回接種率も90%となり、死者数や

医療体制も落ち着いてきた印象があるので、ことさらに感染者数増を騒ぐ必要はないと思う。

現に 死亡率死者/感染者は、ワクチン接種前の1.8%から現在0.2%に下っているので、

ワクチン接種以降の感染者数約100万人×1.6%=16,000人が、

ワクチンのおかげで、助かっている計算だ。

麻生副総理が「曲がりなりにも、コロナは終息している」と発言して、

マスコミが一斉に叩いていたが、

僕は麻生閣下の発言は、↑の数的根拠に基き、正しいと思う。

新型コロナワクチンの接種状況(一般接種(高齢者含む))

世界のワクチン接種状況(NHK)

 

 

河村たかしのアナグラム

貸したら噛むわ

わたしかむから

たからかむわし

本日9月2日、河村たかし名古屋市長(72才:予防接種2回済み)が、

新型コロナPCR検査で陽性で、無症状隔離中という報道があった。

’時の人’なので、海外でも報道されている。

これも、予防接種の効果を謳う広告に使われているのだろう。

 

 

 

 

 

過去ログ(新型コロナVIRUS関連)

新型コロナVIRUS

お玉さん

不確実性の時代

給付金

緊急事態宣言の拡大と延長は、官製不況を招くだけでは?

「陰謀論」というレッテルを貼る陰謀

過去ログ(予防接種関連)

水銀毒・鉛毒の歴史