マツタケ人工栽培究極の会

アーサーバイオは、マツタケ人工栽培究極の会を応援しています。

最新号を転載します。

第33回マツタケ人工栽培究極の会 令和3年7月24日の記録

近畿地方の梅雨入りは5月16日(昨年比25日早い/平年比21日早い)、

梅雨明けは7月17日(昨年比15日早い/平年比2日早い)でした。

梅雨明け1週間、一年で最も暑い時期です。

ウィンブルドン(テニス 6~7月)でも、全米オープン(ゴルフ 5月)でも、

スポーツの世界大会は、それぞれの国の一番佳い観光シーズンに開催して、

世界の国々から来てもらう、というのが「おもてなし」の基本です。

東京なら、新緑の5月または 台風も収まった10月のハズなのに、

東京2020は各種(商業五輪・コロナ禍)の作用で、酷暑の只今開催中です。

 

雲は夏の雲、京都気象台発表が36.6℃で、山の上(標高420~440m)でも

気温35℃ぐらいあったのではないでしょうか?

本日の参加者は、関谷次郎先生、植野洋志先生、大島敏久先生、小松陽三さん、吉原孝次さん、藤田博美さん、高瀬尚文先生、田中康一さん、野村龍司の9名でした。

 

前回5月15日以降、大島先生が、一人で藪の刈り払いをした場所を、

みんなで、伐採枝や落ち葉など片付けて、黄色のPPヒモで、4分割しました。

大島先生が、数週間かけて、藪を刈り払いして、伐採枝などが大量に折り重なっています。手前は、日本農芸化学会の重鎮:関谷先生

愛宕山924m

本日のマツタケ施業地は、藤田林業の北山台杉の圃場の少し上、標高440mあたりの、伐採木片付け、地搔き、PH測定 他です。

PH=3.9です。

 

林床整備した場所を4分割して、その一部に

苦土石灰を撒いて、現状PH3.9⇒4.9ぐらいにまで改良したら、マツタケ菌の環境が良くなるはず。マツタケ菌は、Naを嫌うので、NaOHで中和しては環境が悪化します。苦土石灰の成分は、おもに炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムです。苦土石灰の場合、pHを1.0あげるためには1㎡あたり、200gほど必要です。10kgなら、50㎡に撒く計算になります。

参考:苦土石灰

雨は、PH5.6ぐらいでは、酸性雨と言いません。

現在の地球環境のCO2濃度:410ppm程度なら、雨は空中でCO2を溶かし、

HCO3(炭酸)を伴って降ってくるので、PH5.6になります。

CO2の他に、NOx(窒素酸化物)を含むと、さらに酸性雨に傾きますが、※1

現代日本で、そこまで酷い排気ガスは、殆どないと言えます。

しかし、中国や韓国が西にあるので、そこからの影響は否定できません。

PH5.5から、それ以上、酸性に傾くと、Al(アルミニウム)が溶け出します。

Alは、地球上(地殻)に遍(あまね)く存在し、土中のAlが溶け出すことは、

植物や菌類に害を為します。

大島先生の提案は、現状土壌のPH3.9を上げて、

Al(アルミニウム)を不溶化することにより、

マツタケの環境が改善されるはず というものです。

 

 

伐採木片付け、地搔き作業は、9人掛りで3時間かかりました。

これを、一人で伐採した大島先生の気力・体力・情熱に脱帽です。

 

 

 

 

 

 

 

さて、

以前のエントリーにて、酸性雨についての論考があるので共有します。

酸性雨とマツタケとマツ材線虫病

また、

マツタケ「子実体」から、シロが再生できるのか?

マツタケ人工栽培問題 そこに解は あるんか?

 

 

 

 

植野先生が久しぶりの参加です。

先生の最近の研究成果として、の尿から、鹿やイノシシの忌避物質を、

4種類抽出し、それを合成することで、

山際の耕作地に置いて、揮発させると、

山沿いの畑の、野生動物の食害を防ぐことができるそうです、

直ぐに揮発して、効果に持続性が無くては、商品化できないので、

パラフィンなどを混ぜて、揮発を遅らせることで、

商品化できそうだということです。

明治時代に絶滅した、食物連鎖の頂点だった肉食獣オオカミですが、

全く、世代ギャップのある現代の鹿やイノシシやネコにも

遺伝子に刷り込まれていて、絶大な忌避効果があるそうです。

映画「おおかみこどもの雨と雪」にも、畑にオオカミ子供が

オシッコをして、イノシシの食害を避ける話があります。

おそらく、人間同様、ヒグマやトラやオオカミも、

チッソ平衡(摂取するチッソと排泄するチッソが等量)にあるので、

肉食獣(主食であるタンパク質のアミノ酸にはNH2が含まれる)の尿には、

チッソ化合物が大量に含まれ、縄張りを主張(マーキング)する

アイテムとして、強烈な臭いを放つのでしょう。

マーキングには、ムダな争いを避けるという意味があります。

食物連鎖の頂点にいたオオカミが絶滅したことで、

日本列島では草食動物の淘汰圧が下がり、

シカやイノシシが異常に殖えています。

(ヒグマのいる北海道を除く、青森県以南のツキノワグマは肉食ではない)

最近では、豚コレラ:イノシシの伝染病の蔓延で、

イノシシは随分減ったそうですが、、、。※2.

 

 

もう一つ、昨今注目のPCRについて、大変興味深い話をお聞きしました。

従来、PCRでは、反応温度を90℃まで、上げる必要があり、

その際に酵素が失活してしまうことが、難点でした。

連続反応ができなくて、ある種のDNAを増幅させる酵素のために、

一旦温度を下げる必要があったのですが、

タイタニック号を引き上げる際に、大西洋の海嶺の生物

ユノハナガニ  チムニー周辺にすむ生物は、ほかの海底では見られないものが多いですが、ユノハナガニもチムニー周辺にしか見られない生物の一種。深海の暗闇で目が退化しています。

から、超好熱菌を採取して、そこから、90℃の高温においても失活しない

熱耐性の酵素を発見した。

これをPR(ポリメラーゼ反応)に使ってCR(連鎖反応)を起こし、

PCRを飛躍的に進歩させる手法が、

1983年にキャリー・マリス(Kary Mullis)によって発明され

彼はノーベル賞を受賞した。

超好熱菌によって、PCR技術が飛躍的に向上した。という話をされました。

流石、植野先生は滞米20年のバイオケミストリーの大家です。※3.

 

 

 

 

 

 

 

※1.

アルミニウムは、亜鉛、錫、鉛、Crクロムとともに両性金属(ああすんなり苦労せい)です。

つまり、酸ともアルカリとも化合物をつくり、

極端な酸性でも、極端なアルカリ性でも、イオン化溶出します。

アルミニウムイオン溶出が極小になるのは、PH7(PH6~PH8)ですが、

今回の不溶化は、PH4.9を目標とします。

↓アルミニウムイオンの溶出とPHの関係(タテ軸は溶解度/ヨコ軸はPH・・・ともに対数)

↓アルミニウムイオンの形態

酸性雨とマツタケとマツ材線虫病」にも、載せていますが、

葉酸<シュウ酸<炭酸<酢酸<塩酸<水酸<硫酸<硝酸の順で、

酸が強くなる。(電離度が大になる。チャート式なら「昇竜の水は遠州洋」)

会員用ダウンロードに、シュウ酸アルミニウムとマツタケに関する論文があります。

落葉や枯れ枝などの植物残渣や動物の糞などで、硝酸性窒素が増えると、

電離度において、シュウ酸<<<硝酸 と、シュウ酸は硝酸に比べて弱い酸なので、

電離した硝酸がシュウ酸アルミニウム(マツタケのシロ形成に寄与する触媒)

のシュウ酸基から、アルミニウムを剥離して硝酸アルミニウムとなり、

シュウ酸アルミニウムが消えて、マツタケに良くないという理解でよろしいでしょうか?

 

排気ガスの問題をもう一つ・・・

車のガソリンには、かつて燃焼効率を上げる為に、有害なPb(鉛)が使われていました。

1970年、東京でガソリンに含まれるPbによる健康被害が明らかになり

自動車排気ガス問題が顕在化しました。

日本は1975年には、法整備により、レギュラーガソリンの無鉛化を為し遂げ、

1987年には、ハイオクガソリンの無鉛化により、自動車排気ガスの、

完全無鉛化を世界で最初に実現しました。

しかし現在でも、オクタン価を上げるためにガソリンに鉛を混ぜている国があります。

土壌汚染対策工事では、Pbの不溶化処理もやりますが、PH10.5まで上げます。

それ以上、例えばPH12にすると、PbもAl同様、両性金属なので、溶出量が増えます。

但し、土壌汚染対策工事においては、Pb,Cd,Se,F,Bは、溶出させて揚水し、沈殿させて

回収する方が、汚染の除去になるので、不溶化して封じ込めるよりも合理的です。

日本の土壌汚染対策法には、アルミニウム・石油以外の鉱物油が有害物質として指定されていませんが、

日本の土壌汚染対策法(全26物質)の元になっているアメリカでは、『Alアルミニウム』及び

『石油以外の鉱物油など全800物質が特定有害物質として指定されています。

尚、両性金属のCrにおいて、有毒な六価クロムを還元して、無害な三価クロムにすることには、

要措置区域指定が解除されても、形質変更時要届出区域になるとされます。

また、不溶化封じ込めには、常に雨水の浸入を監視して、地下水位が上がらないようにする必要があります。

 

 

※2.アメリカの国立公園で、一旦絶滅したオオカミを再導入する(人為的に放す)ことによって、山の草木のシカの食害(殖え過ぎ)を減らし、洪水を防いだという話もあります。

※3.大島先生の専門は、好熱菌です。

 

 

 

記:野村龍司