「森は海の恋人」The Sea is longing for the forest.

「森恋人」という本がある。

 

朝ドラ「おかえりモネ」の主題は、森林組合に勤めている主人公百音(モネ)が

牡蠣の養殖をしている祖父や、水産業を志す妹の役に立ちたいと、気象予報士を目指すという話だが、

それは、畠山重篤さんの「森は海の恋人運動」の翻案だ。

 

以下、GAIA SYMPHONY より全て引用。>>>

畠山重篤さんは、日本の高度成長期に、気仙沼の青い海が赤く濁り始めた時、

その原因が、海から20キロも離れた室根(むろね)山の森の荒廃にある、

といち早く気付き、平成元年に室根山の植林運動を始めた人である。

海の民が、なぜ山の植林運動をするのか?

そんな奇異の目に晒されながら始めた植林運動「森は海の恋人」によって

気仙沼の海はしだいに青さを取り戻し、フランスのカキ業者が

ここはカキにとって天国のような海ですね」と絶賛した。

それから暫くして、あの3.11大津波が気仙沼を襲い、畠山さんのカキは全滅した。

彼自身も最愛の母を失い、孫ひとりを抱いて高台に駆け登り、一命だけは取り留めた。

被害総額は数億円を越え、海から全ての生きものが姿を消した。

そんな絶望的な状況下で、彼はこう言った。

ここは天国と地獄が共存する海です。自然とはそういうものです。

大津波から1ヶ月ほど経ったある日のこと、海から駆け戻って来た孫がこう叫んだ。

おじいちゃん、海に小さなお魚がいっぱいいるよ!

試しに残っていた種苗ガキやホタテ貝を海に入れると、大津波前の2倍の速さで成長した。

気仙沼の海は、自らの力で、驚異的な復活を開始したのだ。

それにしてもなぜ、畠山さんは25年以上も前に、海の汚れの原因が森の荒廃にある、と気付いたのだろうか。

その背景には縄文時代から受け継がれて来た私達日本人の自然観と現代の科学的智見との柔らかな融合がある。

室根山の室根神社に奉られている「瀬織津姫(せおりつひめ)」は、

人間の営みが必然的に生み出す罪穢れを川の早瀬で祓い浄め、健やかな真水を海に届ける縄文の女神である。

幼い頃からその祭りに親しんでいた畠山さんは、無意識の内に森と川と海との人智を越えた絆を感じていたのかも知れない。

少年時代には、父の操る櫓こぎの和船に乗って海の民の叡智身体を通して学び、

さらに長じて現代の科学的智見を通して、海の汚れの原因を科学的に理解した。

それが「森は海の恋人」運動に結実したのだろう。

>>>引用終わり。

現在 フランス産の養殖牡蠣は、岩手の種貝を輸出したものだ。

 

The Sea is longing for the forest.

畠山さんによると、元々、Forest is Lover of the Sea. などとしていたのを、

The Sea is longing for the forest.に直したほうがいいと、

畠山さんにヒントを与えてくださったのが当時の皇后陛下美智子様だという。

「long forという熟語を使ったらどうですか」とご提言頂いたらしい。

素晴らしい話だ。

 

>>>Asahi netより

畠山さんは、1943年生まれの牡蠣の養殖業が本業であるが、
森に植林していることで有名で、小学校の教科書に植林が載っている。
NPOの名前が「森は海の恋人」である。

3.11で多くの人が亡くなり、1mも地盤沈下した。
3.11後心配したのは、海が生物を育てる力を戻してくれるかどうかであり、
津波後は、海に生き物がいなくなった。沈黙の海になってしまった。

牡蠣の養殖は、エサがいらない。魚、鶏や豚とは違う。
魚のエサ代が売価の60%にもなるが、牡蠣はいらない。
植物プランクトンをエラで漉して、それを食べている。
海の生産力とは、この植物プランクトンがいるかどうかである。

植物プランクトンがいれば、植物連鎖が起こり、それを食べる動物
プランクトンがいて、それを食べる小さな魚がいて、それを食べる
大きな魚が居ることになる。

津波後、京大の森里海連環学の先生たちが気仙沼に来たので、
プランクトンがいるかどうかを見てもらったら、多くいるというので安心した。

海のガレキは、ボランティアたちの苦労で半年で取り去られた。
その後、牡蠣養殖用イカダも全て流されたので、山のスギを持ってきて、
イカダを作り、牡蠣の種は、石巻の渡波が津波でやられずに、
種が残っていた。これを分けてもらった。9月には牡蠣の養殖が開始できた。

牡蠣は秋から春が出荷時期であり、夏は暇である。
この夏に出荷できる物を探して、帆立貝を見つけて、
それを苦労の末、気仙沼でできるようになった。

牡蠣は、普通2年かかる。しかし、1月に半年しか経っていないのに、
出荷できるほど大きくなっているので、出荷した。また11月に
帆立貝の養殖を開始したが、これも4月には出荷できるほど大きくなっている。

なぜ、大きくなったかというと、津波で海の底にあった有機物が撹拌されて、
栄養豊かな海になったからである。津波の真っ黒な色は有機物のためである。
有機物とは窒素やリンで、それが豊富なのだ。

生物に必要なものは、他には鉄である。ヘモグロビンに鉄が必要であり、
植物では葉っぱのクロロフィルに鉄が必要である。

しかし、海は貧血状態になり安い。鉄はサビて海の底に沈んでしま
う。

アラスカ海は、チッソ、リンが豊富なのに、プランクトンがいない。
鉄分を調べると、ほとんどない状態であることがジョン・マーチン
の研究でわかった。

日本海はプランクトンが豊富であり、良い漁場になっている。
大陸からの黄砂で鉄分が多い。
三陸海岸もプランクトンが多いが、こちらは、アムール川からの鉄分である。

森は腐葉土を生み、腐葉土はフルボ酸を生み、鉄分をフルボ酸が
フルボ酸鉄として安定させる。小さな鉄にしてくれる。酸化鉄は大き
な鉄であり、重く海に沈むが、この小さな鉄は沈まない。

このことをキレート効果というが、重要である。これと同じ効果が
出るのはレモンのクエン酸でミネラルの吸収をよくする。

このように森が、吸収できる鉄分を供給してくれる。田畑や海に供
給してくれるので、植物も魚も成長できるのである。

アムール川の色は、茶色であるが、これはフルボ酸鉄の色である。

日本は全土の7割が森である。3万5000の川が有り、フルボ酸鉄を
供給してくれている。このため、魚も美味しいし、お米も美味しい。
これが「森は海の恋人」の理由です。

このため、山で植林をし始めた。このことが小学5年生の教科書に載り、
高1の英語の教科書にも載るようになった。

平成6年に皇居に呼ばれて、牡蠣のために森作りの話をしたとき、
「森は海の恋人」の英訳を皇后さまに相談したら、
「The forest is longing for the sea, the sea is longing for the forest」
となった。long for とは慕うという意味で、旧約聖書に出てくる言葉。
国連で森の賞で表彰されたが、その時にも、この言葉が評価された。>>>Asahi netより

 

 

童話「カキじいさんとしげぼう」 談社
「日本<汽水>紀行―『森は海の恋人』の世界を尋ねて」 文藝春秋
「森は海の恋人」 文藝春秋

以上は、畠山重篤さんの著書。

 

 

 

 

「森は海の恋人」は本当か?  by静岡経済新聞

↑の記事は、海の塩分に凝集材の効果があることを分かっていない。

上流で濁流に凝集材を投入する静岡県も、

そのこと(海の塩分に凝集材の効果があること)を分かっていない。

 

 

一般に、魚の養殖(ハマチ・サケ・フグなど)は、エサ代が経費の60%にも達するというが、

牡蠣養殖は、稚貝を筏からヒモでぶら下げるだけで、エサは湾(汽水)のプランクトンのみである。

まるで、放牧の草だけで牛を育てているようで、

牡蠣養殖は、自然の恵みと一体の、素晴らしい仕事なんだと思う。

 

 

 

 

 

記:野村龍司