ハハキトク

歌が各別 技巧的でもないのに、

そして技巧的でないからこそ、心に直接響くことが、伊勢物語の最大の魅力だ。

世界最古の大河小説は、源氏物語だと云うのだが、

その歌物語としての原型は伊勢物語にあるという事に、異論はないだろう。

 

伊勢物語の各段に必ず 歌がついていて、

業平の歌は、注釈不要で、心に直接響くものがある。

 

第八十四段「さらぬ別れ」

老いぬれば さらぬ別れの ありといへば いよいよ見まく ほしき君かな

母(長岡京に住む 桓武天皇の皇女)

年をとると避けられない別れ(死別)ということもあるというので、

よりいっそう会いたいと思われるあなたですよ

 

世の中に さらぬ別れの なくもがな 千代もといのる 人の子のため

息子(業平)

世の中に死別がなければよいのに。(親が)千年も(長生きするように)

と請い願う子ども(私)のために

 

 

 

ストレートな表現だ。

 

僕は、斎藤茂吉の『赤光』を思い出す。

しにたもうはは

みちのくの 母の命を 一目見ん 一目見んとぞ ただにいそげる

死に近き 母の添寝の しんしんと 遠田のかはず 天に聞こゆる

のど赤き 玄鳥(つばくらめ)ふたつ 屋梁(はり)にいて 垂乳根(たらちね)の母は 死にたもうなり

 

 

世の中の母は、息子のために出来る事を、何でもする。・・・Mother is always able.

オレオレ詐欺」然り。

小室圭さんの母」が、一人息子の学資を工面した経緯然り。

 

 

僕は、ものごころついて以来、

夜、布団に入ってから、

いつか、僕の母は死ぬという事を想像しては、

涙を流すという思考実験を、無数にやってきたが、

このごろは、感受性が鈍磨になって、

そのような実験を、やらなくなったし、

涙も出難くなったかも知れない。

 

 

 

Every dog has his day.

どんな犬にも、得意の時がある。

悪い事ばかりでもない。

 

母が去り、男(業平)は数々の女性と浮名を流す。

業平は貴族の生まれで、美男で、よくモテた。

 

 

 

しかし、男は遂に最期の時を迎える。

 

第百二十五段「つひにゆく道」

つひにゆく 道とはかねて 聞きしかど きのふけふとは 思はざりしを

                     業平絶詠    

(誰しもが)最後に通る道とは以前から聞いていたが、

(まさか自分にとってのそれが)昨日今日(に差し迫ったもの)だとは思いもしなかった。

この、ボールドアンドエイブルbold and able(そのまま:放縦不拘)なところがいいのだ。

 

 

 

「伊勢物語」では、「男」が最後に一首詠んで、あとは余韻に任せるというパターンが多い。

余韻に任せているので、僕のように年を経て反芻する間に、新しい発見があり、

ズキッと心を刺し貫くのは「源氏物語」<「伊勢物語」だと思う。

 

 

 

追記 僕の92才の母は、至っておおらかboldで、至って元気ableです。

 

記:野村龍司