天明の大火と蛤御門

天明の大火は、天明8年1月30日:

新暦1788年3月7日に京都で発生した火災のことで、

出火場所の名をとって団栗焼け(どんぐりやけ)とも呼ばれた。

単に京都大火(きょうとたいか)あるいは都焼け(みやこやけ)というと、

通常はこの天明の大火のことを指す。

京都で発生した史上最大規模の火災で、

御所・二条城・京都所司代などの要所を軒並み焼失したほか、

当時の京都市街の8割以上が灰燼に帰した。

被害は京都を焼け野原にした応仁の乱の戦火による焼亡を

さらに上回るものとなり、その後の京都の経済にも深刻な打撃を与えた。

この火災で東は河原町・木屋町・大和大路まで、北は上御霊神社・鞍馬口通・今宮御旅所まで、

西は智恵光院通・大宮通・千本通まで、南は東本願寺・西本願寺・六条通まで達し、

御所・二条城のみならず、仙洞御所・京都所司代屋敷・東西両奉行所・摂関家の邸宅も焼失した。

天明の大火1788年1月30日~2月2日の類焼範囲

本能寺の火伏せのイチョウ(天明の大火の際に、幹から水を吹き出したと伝わる)

幕府公式の「罹災記録」(京都町代を務めた古久保家の記録)によれば、

京都市中1967町のうち焼失した町は1424、

焼失家屋は3万6797、焼失世帯6万5340、焼失寺院201、焼失神社37、死者150だったという。

ただし死者に関しては公式記録の値引きが疑われ、実際の死者は1800はあったとする説もある。

光格天皇は御所が再建されるまでの3年間、聖護院を行宮(仮御所)とし、

恭礼門院は妙法院、後桜町上皇は青蓮院(粟田御所)にそれぞれ移った。

 

上の類焼地域の図を、見て奇異に思うこと。

①火元(新道小学校北の博多町)から、団栗橋の西対岸まで、鴨川の100m以上の幅を、

 なぜか飛び火している。

②新洞小学校あたり(二条通・三条通・孫橋通・古川町通に囲まれた地域)が、

 飛び火して燃えている。(同時発生多発テロか?)

 

 

幕末の蛤御門の変1864年は、最近の教科書で、禁門の変といわれるようだが、

蛤御門の命名は、俗説では、永い間、開かずで無名の門だったが、

大火時に、焼けて口を開けるハマグリに見立てたとされ、

天明の大火(1788年)後の命名説が根強かった。

僕も最近までそう思っていたが、

蛤御門の由来、より古かった? 記述の内裏図に注目によれば、

宝永の大火直後の1709年に作成された「内裏之図」では、再建された「宝永度内裏」が描かれた。

宝永年間に描かれた「内裏之図」で御苑の西側に記された「はまぐり門」(中央)=京都市歴史資料館提供

↑図の中で御苑の烏丸通沿いの門には「はまぐり門」と書かれている。

京都御苑西側にある「蛤御門」の正式名は「新在家御門」といい、

当時は現在地よりやや東側で南に向いて立ち、普段は開くことがなかった

名前の由来は、一般的に1788年の「天明の大火」で初めて門が開いた様子を、

火で焼かれて口を開くハマグリの姿に例えて、蛤御門と呼び始めたという説が根強かった。

これまで名称のルーツは、宝永年間か天明年間か意見が分かれていた。

だが、天明年間以前に蛤御門の存在を記す史料が複数出てきているといい、

担当した元市歴史資料館館員の伊藤宗裕さんは

「10年ほど前から宝永年間を支持する議論が出てきた。

まだ結果は分からないが、これらの史料を見ても

宝永年間の方が正解に近いことを示している」とみている。

蛤御門の変1864年の際の弾痕 これだけ一斉に撃たれたら、助かりません

 

 

それまで、無名だった門が、はまぐりのように、焼けて開いたのは、

宝永の大火」(1708年)後である可能性が高い。

 

 

 

天明の大火(団栗焼け:どんぐりやけ)のトラウマがある京都では、

太平洋戦争当時、空襲に備えて、堀川通りや御池通を拡幅し、

木造家屋で、長く連棟の続く場所に延焼遮断帯を開いた。

有名なところでは、辰巳神社から、四条通りに抜ける「切通し」および、

川端通りから建仁寺に抜ける「疎開地跡」がある。

切通し」「疎開地跡」と併せて天明の大火の火元とされる場所を地図に示す。

現代の「建築基準法」では、建物の構造や用途地域によって、類焼防止措置が採られているが。

上の延焼遮断帯は、どんぐり焼けの火元を遮断するように設けられているのが、京都人のトラウマを現わしているようだ。

 

 

京都に関するエントリーまとめ

家の前の路地

小泉今日子 16才 おから投げ:11月祭(NF)のころ

銀閣寺 吉田山界隈 (全ては時間の関数だ)末端膨隆丘と足利義政と日想観

異形の者:誰に褒められることもない地上の星

貴船神社は水の神様:水の神さまは、濁りを嫌う 

 

 

 

 

 

記:野村龍司