除夜の鐘  

僕は、このところ4年連続で、富山県上市町円徳寺の除夜の鐘を撞かせてもらっている。

左から、OさんSさんK子さん(タイムキーパー)僕(回数記録)・・・2020.12.31

108つ:除夜の鐘は、20秒間隔で撞くので、3回/分(1分:60秒あたり3回)撞くことになる。

108回/3回/分=36分 なので、

12月31日の23時24分から撞き始めると、1月1日の0時0分0秒が108回目となる。

4分間の余裕を持って、23時20分から撞き始めて、90回ぐらいから、スローに調整して

元日0時0分0秒が108回目となるように撞く。

交代で撞き終わったら、住職*1に新年の挨拶をして、皆で年越そばを頂いて、1時ごろに帰る。

毎年やっていると、帰省の目的のひとつになる。

 

あらたまの 年初 

皆様 明けましておめでとうございます

 

年初の富山県は、観測史上最高記録の積雪があった。

コロナではなく、積雪が原因で、富山県の県立高校すべてが休校になり、

旧JR:あいの風鉄道及び富山地方鉄道本線が運休。

積雪と除雪ができていない事を理由に、多くの飲食店が休業した。

スーパーは、物流が滞って、生鮮食料品が少ない。

道路の除雪を、道路管理者(県道なら県、市道なら市、町道なら町)が、専用の重機で行うが、

道路から、駐車場や各戸への取り付け道路の除雪は、各戸の仕事で、重労働だ。

僕は、元日から11日まで、ほぼ毎日、雪除けをしていた。

多い時は、8時間ぐらいスコップで除雪する。

普段、運動不足なので、身体のあちこちが筋肉痛になるが、

僕は子供の頃から習慣的に雪除けをしていたし、

学生の頃から、身体を鍛えていて、筋肉量が多い

そして、そこから、さらに2~3時間 雪を(スコップで)投げ続ける。

気温は、0℃前後だが、身体を動かすことで湯気が上がるほどに、汗をかく。

自分で築いた雪の山を越えて、さらに高く遠く雪を投げる全身運動だ。

この運動は、「潅木の伐り払い」や「ボート競技(レガッタ)*2に通じる。

運動で体が温まり、寒さが運動の後押しをしてくれて、気持ちがいい。

この気持ちの良さは、マッスルメモリー(筋肉が運動や形状を記憶している事)によるのだ。

この年になって、初めて経験する(故郷富山の)積雪量のおかげで、

除雪・潅木伐払・ボート競技の共通点を見つけた。

僕は、割と人生経験をしていて(みゃーらくもんで)、やり残したことがないので、

新型インフルで、突然死ぬことになっても(死神のお迎えが来ても)いいと思っている。

それでも、「寒中に全身運動する気持ち良さ」を発見するほど、

生きるということには、新鮮な発見がまだまだある。

 

本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます

 

 

 

 

 

*1

ノーベル化学賞の田中耕一さんの小4~小6の担任で、田中さんの

富山県の教育長を9年間務めるなど、県教育界の重鎮。

長男は今年度第63次南極越冬隊隊長。

*2

例年は、七夕レース(毎年7月に、2回生中心で行う東大京大対抗戦)と言われるのだが、

この度の 第71回は、コロナの影響で、12月19日に無観客で開催されたようだ。

僕が8+のBOWを漕いで、全18人のトップでゴールしたのが第29回だから、42年と6ケ月も前の出来事で、

童謡「赤とんぼ」の、一人称が老齢で、幼いころ

子守の姐やに背負われて見たという郷愁の歌

赤とんぼのように、いつの日か:追憶の景色になってしまった。