before「芥川」after「芥川」・・・燃えろいい女

 

伊 勢 物 語

第五段 「通ひ路の関守」・・・before「芥川」

むかし、男ありけり。東の五条わたりに、いと忍びていきけり。

みそかなる所なれば、かどよりもえ入らで、

わらはべの踏みあけたるついひぢの崩れより通ひけり。

人しげくもあらねど、たび重なりければ、あるじ聞きつけて、

その通ひ路に、夜ごとに人をすゑて守らせければ、

いけどもえあはでかへりける。さてよめる。

人しれぬわが通ひ路の関守はよひよひごとにうちも寝ななむ

とよめりければ、いといたう心やみけり。あるじ許してけり。

二条の后に忍びて参りけるを、世の聞えありければ、

兄(せうと)たちの守らせたまひけるとぞ。

<現代語訳>

昔、男がいた。東の京の五条あたりに、たいそう忍んで通っていた。

人目を避けるような場所なので、門から入ることもできず、

童の踏み開けた築地の崩れから通っていた。この舘は人の出入りが多くは無いが、

男がたびたび通ってきたので、舘の主人が聞きつけて、

その通い路に夜ごとに番人を置いて警護させたので、男は行っても会えないで帰った。

さて  歌を詠んだ。

人知れずこっそり通っている私の通い路を守っている関守は

夜ごと夜ごとに、ちょっとでも寝てくれればいいのだが

と詠んだので、女はそれはもう、心痛めた。

なので主人は男が女のもとに通うのを許してやった

二条の后(藤原高子)のもとに男が通っていたのを、

人目をはばかって、高子の兄たちが番人を置いて守らせたのだそうだ。

<語句>

■みそかなる所 人目を避けるような場所。 

■ついひぢ 「つきひぢ」の音便。筑地。土塀。 

■「人しれぬ…」「人知れぬ」は人に知られない。「関守」は関所の番人。

「うち」は接頭語。「も」は感動の助詞。ちょっとでもの意。

「ななむ」は助動詞「ぬ」の未然形+助詞「なむ」。寝てしまってくれという希望。

■兄たち 高子の兄、藤原国経・基経ら。

 

<解説>

男(業平:the Man)は、女(高子)への思いが強く、

屋敷に夜な夜な忍び込むのに、

築地塀の一部が崩れている場所があって、

恐らくそれは、子供が踏んでつけた抜け道なんだが、

そこを通り抜けて 女の元へ通っていた。

藤原北家一族の戦略では、高子のような

器量の良い女性を、天皇家に入内させて、

女性が皇太子を産めば藤原家の男(冬嗣―良房)が

外祖父になって政治の実権を握る・・・・・

という一族栄達の定型を踏襲するためには、

高子を、業平如き(降下)臣籍と自由恋愛で娶せていては、世間体が悪く、

藤原北家一族の壮大な計画が崩れてしまうので、

邸の主が、夜ごと高子の兄(せうと)たちに命じて

その場所のセキュリティを強化したので、

業平は、そこを突破できなくて、空しく帰るしかなかった。

私の通い路の関守は、毎晩 束の間だけでも寝てほしいものだ

と詠んだので、女はひどい悲しみで心を痛め、

とうとう主人(順子)は、男が通うのを許したのだった。

邸の主人までも、業平の高子に対する一途な恋慕に根負けしたように終わっているのだ・・・

ほんまかいな?

 第四段 「月やあらぬ」・・・after「芥川」

むかし、東の五条に、大后(おおきさい)の宮おはしましける西の対に、すむ人ありけり。

それを、本意にはあらで、心ざしふかかりける人、ゆきとぶらひけるを、

正月(むつき)の十日ばかりのほどに、ほかにかくれにけり。

あり所は聞けど、人のいき通ふべき所にもあらざりけりば、

なほ憂しと思ひつつなむありける。

またの年の正月に、梅の花ざかりに、去年(こぞ)を恋ひていきて、

立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。うち泣きて、

あばらなる板敷に、月のかたぶくまでふせりて、去年を思ひいでてよめる。

月やあらぬ春やむかしの春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

とよみて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣くかへりけり。

<現代語訳>

昔、東の京の五条大路に面したあたりに、大后の宮がいらっしゃる舘の

西の対に住んでいる女があった。

それを、不本意な形で心惹かれて、

その実かなり本気で恋していた男が行き通っていたが、

正月十日ごろに、その女はよそに移ってしまった。

どこに移ったかは聞いたが、しかるべき身分の人でもなければ

行くこともできない場所であったので、

男は憂鬱な気持ちのまま過ごしていたのだった。

翌年の正月、梅の花盛りの頃、男は去年の今頃を恋しくなって西の対に訪ねて行き、

立って見、座って見、いくら辺りを見てみても、去年に眺めた様子とはまるで違う。

男はうち泣いて、荒れ果てた板敷に、月が西に傾くまで伏して、去年を思い出して歌を詠んだ。

月やあらぬ春や昔の春ならぬ  わが身は一つもとの身にして

月は昔の月では無いのだろうか。春は昔の春では無いのだろうか

ああ、私だけが昔のままの私である

と詠んで、夜がわずかに明ける頃、泣く泣く帰っていった。

Don’t leave me alone.

 

<語句>

■東の五条:東の京の五条通(現在の松原通)。東の京は、朱雀大路(現在の大宮通)から東。

■大后宮:仁明天皇の后、文徳天皇の母=五条后順子。 

■西の対(たい):寝殿の西にある対の屋。

■本意にはあらで:高子と通じるということは、

権勢藤原氏に逆らうということであり、

男の身の破滅を意味する。そんな状況なのに、

どうしようもなく心惹かれて、ということ。 

■あばらなる:障子などを取り払って、むき出しになった状態。 

■月やあらぬ:の「や」は反語とも疑問とも解釈が可能。

紀貫之により「心あまりて詞たらずの歌」とされる。

 

<解説>

「本意にはあらで」という表現の意味する所は、

我が身の破滅と知りながらであり、

業平とて、藤原一門の権勢に逆らう恋とは分かっていて、

立身出世恋愛かという二択(alternativeな状況)において、

身を立て世に出るよりも、恋を取るという事で、

結果がどうなってもいいと思っている業平は、

やっぱり、人生を恋というハイリスクに賭ける色男the Manだ。

五条の邸は、藤原冬嗣の邸で、冬嗣長男藤原長良(802~856)・冬嗣次男良房(804~872)

や冬嗣長女順子(807~871 )達が、そこで育った筈。

その後、順子がその館の主となり、その西の対に、高子が女御見習いで住んでいた。

順子は後の文徳天皇(827~858は、842に伯父良房の後見を得て立太子した)を産み、

後の文徳天皇が立太子した時から、順子は皇大后となり、五条大后と呼ばれる。

ほどなく高子は別の場所(叔父良房邸か染殿か)に移されてしまったらしい。

第五段では、築地塀の通い路に番人を置かれ、

第四段で、高子はさらに、

業平如きにはアクセス不可能な、やんごとなき場所に移された。

もう、顔を見たり語ったりさえも出来ない。

高子なき屋敷は、蔀も障子戸も外されたあばら屋で、

床板も一部抜けてしまった縁側のあたり

男は立ったり座ったり寝たりして、

梅香に高子を偲び、叢雲うつろう月を眺め、

月が西に傾く明け方までいて 泣く泣く帰っていった。

月やあらぬ春や昔の春ならぬ  わが身は一つもとの身にして の解釈は、

「月あらぬ」「春昔の」の「」が、反語とも疑問とも解釈が可能とされ、結論は出ていない。

反語だと「月も春も昔のままでないということがあろうか いや、昔のままだ」となり

詩全体が倒置されて「女の境遇だけが変わってしまった」となる。本居宣長が反語説を支持している。

疑問であれば「月も春も昔のままだろうか? 今となっては昔のままではないが、男だけは変わらず女を思っている」となる。

世間一般にも個人的にも「疑問」の方がすっきりするので、

以下に「疑問」とする歌の解釈を3例挙げておく。

西の方、淡くかすむあの月は去年(こぞ)のそれとはまるっきり別なものなのだろうか、

いや、月ばかりではなく、そもそも、この春そのものが、

あのなつかしい昔の春とは別物なのであろうか、

同じ月、同じ春のはずでありながら、

あの人とながめ、語らったそれとはまるで異質のようなあじけなさだ、

あの人を失った自分だけはもとのままに取り残されて・・・。

━━森野宗明「講談社文庫/伊勢物語」(1972年8月、講談社)

 月あれど 月あらず
 めぐる春とて 春ならず
 君のなければ 残る身の
 もとのままとて 何としょう

━━大庭みな子「わたしの古典5/大庭みな子の伊勢物語」(1986年5月、集英社)

月は昔のままの月ではないのか。

春は昔のままの春ではないのか。

あのお方がここにいないとあっては、月も春も、昔とはまったく違ってしまっている。

この私だけが去年そのままの身で、あのお方を恋いつづけている。

━━秋山虔「新日本古典文学大系17伊勢物語」(1997年1月、岩波書店)

僕は↑の②が好みだ。

いうわけで、

時系列では、第五段→第六段→第四段 となる。

五条大后(順子)は、第五段「通ひ路の関守」で、

業平が邸へ出入することを黙認したようなフシがあり、

やはり、第六段「芥川」は、誘拐というよりも、駆け落ちの要素があるということ。

そして、長良没年の856年以降(父の後見を失ったころ)に、高子を拐したと見るのが自然で、

高子を、兄の基経・国経が取り戻して、二人を引き離した結果、

第四段「月やあらぬ」にて、業平が、荒家の軒下で朝まで過ごす一夜を迎える。

業平―高子のカップルの話は第三段~第六段に加えて、

高子が清和天皇に入内後も懲りずに、ストーカー行為を働いた

第六十五段「在原なりける男」という段もある。

 

「伊勢物語」が「源氏物語」に多大な影響を与えているのは明らかだ。

第五段「通ひ路の関守」で、

人しれぬわが通ひ路の関守はよひよひごとにうちも寝ななむ
とよめりければ、いといたう心やみけり。あるじ許してけり。

というところ、女(高子)も「いといたう心やみけり」とあり、

第四段 「月やあらぬ」で、

月やあらぬ春やむかしの春ならぬわが身ひとつはもとの身にして
とよみて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣くかへりけり。

というところ、

血の通わない木石ならぬ高子もまた ブロークンハートだったにも拘わらず

このシーンで、高子の返歌がなくて、相聞形式ではないところ

紫式部がこれらの段を読んだ際、女の返歌が付いてないことにつき、

バランスを欠くと感じたはずなんだ。

業平に、数年にわたり態度や歌で、恋心焚きつけられたのだから、

(藤原氏の権勢が、元々あった返歌を抹消したのかもしれないのだが)

紫式部(970?~1019)も、歌を返すことによって「燃えろいい女(高子)と思ったはずなんだ。

伊勢物語をテキストにして、高子の立場で、返歌のシミュレーションをするという歌の練習方法も、

当時の文学少女の、定番の教養科目だったハズで、いずれにせよ、この第四段/第五段が、

紫式部をして 相聞形でnonpoliticalな「源氏物語」を書かせた。

というのは、飛躍が過ぎるだろうか?

 

 

文責:野村龍司