芥川 a lady whom the man couldn’t get

今回は、僕が 古典小説として、貴種流離譚として、一番好きな伊勢物語 第六段「芥川

 

前段

むかし、をとこありけり。

女のえうまじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でゝ、いと暗きに来けり。

芥川といふ河をゐていきければ、草の上にをきたりける露を、かれはなにぞとなむ をとこに問ひける。

ゆくさき多く、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、

あばらなる蔵に、女をば奥におし入れて、をとこ、弓やなぐひを負ひて、戸口にをり。

はや夜も明けなむと思ツゝゐたりけるに、鬼はや一口に食ひけり。

あなやといひけれど、神なるさはぎにえ聞かざりけり。

やうやう夜も明けゆくに、見ればゐてこし女もなし。足ずりをして泣けどもかひなし。

白玉かなにぞと人の問ひし時  つゆとこたへて  消えなましものを

 

後段

これは、二条の后のいとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐたまへりけるを、

かたちのいとめでたくおはしければ、盗みて負ひていでたりけるを、

御兄人堀河の大臣、太郎国経の大納言、まだ下﨟にて内へまゐり給ふに、

いみじう泣く人あるをきゝつけて、とゞめてとりかへし給うてけり。

それをかく鬼とはいふなり。まだいと若うて、后のたゞにおはしましける時とや。

 

<逐語訳>

昔、男があった。

手に入りそうもなかった女のもとに長年求婚し続けてきたのだが、

とうとう盗み出して、たいへん暗い所に来た。

芥川という河のあたりを 女を連れて走っていったところ、

草の上に露が降りているのを、「あれは何じゃ」と男にたずねた。

男はまだまだ逃げないといけないし、夜も更けてしまったので、

そこが鬼のいる所とも知らないで、雷さえひどく鳴っていて雨もざあざあ降っているので、

みすぼらしい倉に、女を奥に押し込んで、男は弓とやなぐいを背負って戸口で見張りしていた。

「早く夜が明ければいいのに」と思いながら見張りをしていたところ、鬼がたちまち女を一口で食ってしまった。

「あ~れ~っ」と叫んだのだが、雷が鳴っていて騒しく、男は女の声を聞き取ることができなかった。

だんだん夜が明けてきた頃、見れば昨夜連れてきた女の姿が無い。

男は地団太を踏んで泣いたがどうしようもない。

白玉か何かだろうかと貴女が問われた時、

「露です」と答えて自分も露のように消えてしまえばよかった。

そうしていたらこんな悲しみを味わわずに済んだのに、、、。

 

この話は二条の后 藤原高子が、いとこの女御の御もとにお仕えするようにして暮らしていらっしゃったのを、

容貌が美しくいらっしゃったので、男が盗んで、背負って飛び出したのを、

御兄であらせられる堀川大臣藤原基経殿、その御長男国経の大納言らが、その時はまだ位も低くいらして、

内裏へ参上された時、たいそう泣いている人がいるのを聞きつけて、引きとめて取り戻されたのだった。

それを、こんなふうに鬼といったのだ。

高子がまだ、たいそう若く、清和天皇のもとに入内する前のことであったとか。

<語句>
女のえ得まじかりけるを:或る女で、男が手に入れられそうになかった女を

a lady whom the Man couldn’t get・・・本稿の副題

■よばふ:求婚する pop the question   夜這ふ night  creep ではないでしょ!

■芥川:諸説あり (一)摂津国三島郡の川、淀川に注ぐ。(ニ)宮中の芥(ごみ)を流す川。(三)架空の川。 

■神:神鳴り、雷 

■胡簗 やなぐい:矢を差して背中に負う武具 

■明けなむ:「なむ」は未然形につく助詞。希望。明けてほしい 

■「白玉か…」:「白玉」は真珠 「なまし」の「な」は助動詞「ぬ」の未然形 「まし」は反実仮想の助動詞 

■二条后:藤原高子 (842-910)藤原長良 長女。清和天皇女御。後に陽成天皇を生む

かたちのいとめでたくおはしければ : because she was so good looking girl 

■いとこの女御:藤原良房の女染殿后。文徳天皇女御。清和天皇生母。「女御」は天皇の御寝所に仕える女官。

■堀川の大臣:藤原基経 長良の子で高子の実兄。摂政関白太政大臣となる

■太郎国経の大納言:藤原長良の子で、基経、高子らの兄。長兄なので太郎 

■下﨟:官位身分が低いこと 

『伊勢物語絵巻・巻第一』住吉如慶、紙本着色、江戸期18世紀

<絵説き>

男が女を邸から盗み出し、背負いながら芥川にさしかかるところを描いている。

邸と芥川を隣接するように描いているのは同時異図法という、

時間経過とストーリーを1枚の絵に盛り込む手法。

芥川は、洛中から西国街道(R171沿い)で20km程もあって、

人里離れた寂しいところだった。

<解説>

伊勢物語 第六段「芥川」は、教科書によく採用されている段で、

僕は、高2で習ったような気がする

業平・高子と云われる二人の恋物語。

高嶺の花の、高貴な女性のもとに男は通う。

伊勢物語の第三段~第六段は、いずれも高子と業平の話だが、

身分違いの恋なので結婚など夢のまた夢。

でも愛しさはつのる。「え~えい もう、かどわかしてまえ」

思い余って、男は、女を担いで逐電する。

前後の見境なく、やらかしてしまうのだ。

尾崎豊の「盗んだバイクで走り出す」あの感覚だ。知らんけど。

ここまで逃げればこっちのものという程、遠くまで逃げる。

芥川は、大坂府高槻市を流れる淀川支流というのが定説だが、

平安京から20キロも離れている。

阪急電車なら、四条大宮で乗って高槻と富田の中間まで、

藤原邸から、京を南行し、朱雀大路南端の羅生門を抜け、

桂川は久世橋あたりを渡って、長岡京~山崎~島本町を過ぎ、

20kmも女背負って走るのは無理がありそうだ。

芥川は、R171がクランクになっている短辺に沿って北西から南東に流れている。

僕の想像では、武士の端くれで、後の蔵人頭の在原業平が、

馬の後ろに女を乗せて、弓矢を負って走れば、芥川は、

ここまで逃げればこっちのものという程、

丁度良い遠さの田舎だと思っていた。

百人一首の業平は、胡簗(やなぐい)を負ったmilitaryではないか!

は、誘拐されたことを、ぐずぐず嘆くわけでもなく、

この先どうなるのか、男のいいなり、為すがままに委せて、却って男よりも落ちついている。※1

芥川のほとりで、夜の闇で草に置く露が、キラキラ光っているのが見える。

「あれは何?真珠かしら」

女は、深窓の令嬢で、露を知らないのかも知れないが、

もし、露と知りつつ、知らないふりをして聞いたのなら、相当な女(タマ)だ。

対して男は、まだまだ遠くに逃げねばとあせるので、答える余裕がない。

夜露のように、陽が昇れば消えてしまう儚さに、

若気の恋をからめている。

物語の恋愛は、ここがピークで、直前

眼前に洋々たる前途、自分だけを頼りにしている美人も、側に居る。

他に何かは要る The Man needs nothing but her. 

だって、勢いで拐してきたものの、若い貴族で、

虚勢を張ってみせても、如何せん 生活力は無い。

そこで激しく降り出す雨。さらに雷も鳴り始める。

男は質問に応える代わりに、女を引き寄せて抱き締め、

口を吸ってから、それ以上は我慢をして、あばら屋の中に押し入れ、

全力で守る覚悟を行動で示そうと、表で不寝の番をするのだが、

朝になってみると、女は、鬼に食われたように いなくなっていた。

ああ、こんなことなら、遠いあの日「あれは何?」と訊かれた時、

「露さ」と答えて、露のように消えてしまえば良かったと、男は嘆くのだ。

はかない夢か幻か、遠い日の花火を思い出しているかのようなエンディングだ。

後段で、「高子の兄たちが、取り返しに来たのだ」と付け足しのように書かれている。

最初は、本当に鬼に食われる説話だったものを、

業平と高子の話として、ふくらませたのかも知れず、

前後半が不連続なのは、当時は印刷技術がなく、

写本で伝わるうちに、後段が上書き保存されたのだろう。

夢と現実が無い交ぜになった味もある。

女が家人に連れ戻されて、いなくなってしまったことを、

鬼に食われたという物語に仕上げたとも言える。

前段は、二条の后が業平によって盗むようにして連れ出され、

女が鬼にペロリと喰われてしまって、男は、女も恋も失うという結末で、

後段の付記によって、女を二人の兄が取り戻した という解説になっている。

高子(842~910)、業平(825~880) 生没年から仮に、高子16才・業平33才のころの話とすると、

業平33才は、恋愛経験を積んだ色男で、もう「初冠」のころのboyではない。

対して、高子16才は入内前の見習い女御

僕は、予てより女の合意があり、誘拐というよりも駆け落ちではないかと疑っている。

そして、連れ戻される前に、男というものをしっかり教えておけば、

つまり、もっと女のカラダを、とことん貪っていたなら、

気が済むのだったと、男は妄想するのだ。

本当は返って未練が湧くものなんだが・・・。

業平は、この事件がきっかけで、都に居づらくなり「東くだり」をすることになる。

 

二条の后(高子)は、従姉のもとに仕えていて、「二条の后」は後の名。

従姉とは五条の大后(皇太子の母)のことで、

清和天皇が皇太子であった時代、高子は五条の大后(藤原順子)の邸にいた。

このころ、皇后と呼ばれるよりも、大后と呼ばれる方が重要だった。

高子の兄は、後に太政大臣(Prime Minister)となる藤原基経、史上初の関白。

高子は、後に清和天皇(第56代)に輿入れして、

陽成天皇(第57代)を産み、やはり皇大后となる。

 

 

 

 

陽成天皇陵が、宗忠神社と真如堂との間にあって、

僕はその町内に住んでいる。

僕は、18才の4月に、実家の富山から京都に出てきて、

ボート部新人の昼練習(GW合宿までの限定)で、

吉田キャンパスから、吉田山の鞍部を走り抜け、

宗忠神社の石段を降りて、陽成天皇陵を横目に、

真如堂青もみじの下を抜けたところで、

腕立伏せなど軽い運動をした時の、

清涼感解放感に溢れた四月の陽射しを、

つい昨日の光のように、思い出す時がある。

ここまできたら、こっちのもの!

 

陽光きらめく地中海=ピークからの急降下

むかしの光 今いず

 

 

※1

ストックホルム症候群

誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者についての臨床において、

被害者が生存戦略として犯人との間に、心理的なつながりを築くこと。

その様相。

 

 

 

記:野村龍司