虫採りばかりしていたら、目が虫の目になってしまった。

jewel beatleとは、玉虫のことで

1年前に当欄ヤマトタマムシの話に書いた。

昆虫は一般に、植物と共生していて、昆虫の種類は植物の種類よりも多い。

(昆虫の種類は約100万種、植物の種類は20~30万種)

タマムシはニレ科の樹に集まるが、ニレ科の樹(エノキ・ムクノキ・ケヤキ)の中で、特にエノキに集まる。

また、国蝶であるオオムラサキも、特にエノキに集まり、エノキの葉を食料にしている。

エノキの葉で育つオオムラサキの幼虫

オオムラサキヤマトタマムシもエノキの葉を食べるのだが、この2種は美しい昆虫のツートップだ。

彼らは、飛んでいてもケヤキとエノキの区別がつく筈で、おそらく本能に刷り込まれている。

僕は、玉虫採りを始めてから、

遠くから樹を見ても、ひと目で、エノキとケヤキの区別がつくようになった。

目が虫の目になったのだ。

エノキの葉とケヤキの葉では、反射光が違う。

ケヤキの葉はツヤ消しの緑だが、エノキは緑が濃く、反射光が妖しく輝く。

↑エノキ(葉っぱの虫食いは、タマムシかオオムラサキか)

国道の大エノキ(京都府相楽郡井手町  R24木津川沿いにあったが、昨2018年の台風12号で倒れた)

 

 

 

さて、実山椒は6月の初めごろから、出回り始めて、6月の終わりとともに市場に出なくなる。

じゃこ山椒

僕は、子供のころから、山椒は柑橘類だということを知っていた。

なぜかというと、アゲハが、山椒(サンショウ)に卵を産むところや、

幼虫(catapiller )が、ユズや枳殻(カラタチ)や山椒(サンショウ)の葉で大きくなって、蝶になるのを何回か見ていたからだ。

拡大して見ると、山椒の実はみかんのような肌をしている。

みかんの葉で育つアゲハの幼虫(catapiller )・・・目のように見えるのは、ヘビに擬態している為で、目ではない。

つつくと臭角を出して威嚇する。

アゲハ(ナミアゲハ)

 

キアゲハは、セリ科の植物に卵を産む。(セリ・ニンジン・パセリ・ミツバ・フェンネルなど)

僕は、野生のセリや畑のニンジンにキアゲハの幼虫がつくのを見て、ニンジンはセリ科だということを知っていた。

パセリで育ったキアゲハの幼虫

警戒色で威嚇する上に、刺激するとやはり臭角を出す。

キアゲハ

やつらのメタモルフォーゼに魅せられて、それらは、僕の一生の財産なんだが、、、

だから何なんだ?と訊かれたら、

子供に、虫採りを教えられる事ぐらいだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オマケ

 

昨年の当欄  昆虫採集の夏

 

 

虫捕る子だけが生き残る」小学館101新書

 

 

ぼくは 虫ばかり採っていた」青土社

 

オマケのオマケ

 

蝶と蛾の違い