Excelと数独との共通点を発見した!

数独は、またの名をナンプレとも言う

数独のルールは、シンプルなので、小学生からお年寄りまで、人気がある。

 

数独は、9×9のマスの中に、1から9までの数字を入れていくパズルだ。

次のような三つのルールは守らなければならない。

  • 一列で同じ数字を使ってはいけない
  • 一行で同じ数字を使ってはいけない
  • 一つのブロックで同じ数字を使ってはいけない

ルールとしては、たったこれだけ、

驚くほどシンプルだ。

数独無料ゲームというページがある。

 

僕が発見したExcel数独共通点は、

それぞれのマスには、「数字」「ロジック」2種類が入るということだ。

数字が入っていないところには、「ロジック」がある。

所与の数字と、空欄にウラ書きされているロジックだ。

 

数独のロジックは、

  • 一列で同じ数字を使ってはいけない
  • 一行で同じ数字を使ってはいけない
  • 一つのブロックで同じ数字を使ってはいけない

の3種類だけ。

 

 

Excelの場合、コピーして貼りつける際に、貼付けのオプションが5とおりぐらいある。

P(Paste)   そのまま貼りつける

V(Value)   数値のみ貼りつける

F(Function)   数式を、貼りつける

などがあり、

F(Function)・・・( 数式=ロジック)を書き込む際には、右クリックで、ロジックを入れる。

Excelのロジックの例は、=SUM(   :    )   や  = TODAY( )    など476種類あるという。

僕が最近、Excelで 凝っているのは、別のページDATAを貼り付けて、色々試算するヤツ(のコピー)だ。

再生可能エネルギー事業の試算をする際に便利だ。

 

Excelのロジック(空欄)にはNo Data を含むが、

数独のロジック(空欄)にはNo Data を含まなくて、

上記3種類のロジックが必ずある。

 

記:野村龍司