万馬券一点予想(俺が単勝しか買わない理由)

「18.75%の奇跡」以来の競馬ネタです。
 
 
写真の馬券はハズレている。
外れ馬券なんて紙クズは、
捨てたらいいようなものだが…
俺が買ったわけでもないのに、
現在 手元に置いているのには、
因縁話がある。 以下、その因縁話の一部

京都
’84年
3回
4日

京都場内発売所 (淀競馬場)
第10レース

35年前の1984年4月29日
京都競馬、春開催の掉尾を飾る
最強ステイヤー(長距離馬)決定戦
春の天皇賞  3200m
一番人気はホリスキー  5才 (現代表記)

ホリスキーは3才時、京都コース3000メートルの菊花賞を、当時の世界レコード  3分5秒4で勝っていて、
その記録は、翌1983年の三冠馬ミスターシービーにも、翌々1984年の三冠馬シンボリルドルフにも破られる事無く、

10年後の1992年 ライスシャワーに破られるまで、 驚異のレコードとして、燦然と輝いていた
また、前々年の春の天皇賞は、
一着モンテプリンス   5才 (モンテファストの全兄:両親が同じ)
二着アンバーシャダイ  4才
という人気処で決まっていて、連複380円
前年、ホリスキー初参加の天皇賞では
一着アンバーシャダイ 5才  (単勝1番人気)
二着ホリスキー       4才 (単勝2番人気)
と、やはり5才が勝って、人気通りの結着を見ていた。
過去を遡っても、春の天皇賞は、人気の通りに、入線して、 堅く収まるというムードに満ちていた。

その日のホリスキー 5才は、
前年二着(惜敗)の無念を雪ぐべく、万全の状態で出走してきたのは、パドックで分かった。
黒鹿毛の馬体がピカピカに光って、他馬を圧倒し、

 歩様が落ち着いて、後肢の踏込みもしっかり、俺が一番強いというオーラを放っていた。
厩務員以下スタッフが、 完璧に仕上げたようだ 。
当日のパドックホリスキー(菅原泰夫ジョッキー)
怪物マルゼンスキー(8戦全勝)の初年度代表産駒として、後継種牡馬になる為には、
菊花賞のタイトルに加えて古馬最強・天皇賞馬という箔が、引退後の種付料にも大きく影響するので、
「どうしても勝ちたい!」というのが、ホリスキー陣営の総意であり、1.4倍という圧倒的単勝オッズは、
ホリスキーが勝つと予想している人(単勝支持率)が50%を越えている事を示していた。
(∵控除率が25%として     50%<ホリスキー単勝支持率<54%)
更に当時、余計な事に単枠指定制度」があって、
中央競馬会は、人気が集中することが予想される馬を、
枠(ブラケット)に入れずに、単独で8枠のどれかに振り分けた。
ホリスキーは4枠の単枠指定だった。
単独枠に入れることで、競馬会として、不要なトラブルを避ける意図だが…
単枠指定をされた側の競馬ファン心理では、恰も、主催者が勝ちそうな馬を推奨しているように受けとれるのだった。
馬連・馬単三連単という馬券がその頃は、未だ無い時代で、枠連(連勝複式:連複)で買うのが、当時 競馬ファンの大勢である。
後で 思えば、万馬券の舞台装置は調っていた

俺は、その時分・・・随分と競馬に凝っていて、単勝馬券以外買わなかった。
つまり、連複馬券を一切買わなくなっていたし、一番人気馬も滅相買わない。
まして、倍率2倍を切るような本命馬の単勝は、買わないという決め事を、自分に課していた。 (35年間  スタイル不変)

旅とギャンブル(冒険)は、単独行に限るという信念の下、独り 競馬場のゴール前付近で敗戦を確認し、
勝負事で負ける事こそ日常でもあり、自分の購入した5着(ハヤテミグ)の単勝馬券を棄てようとしていたその時…

7万人の群衆の中で、目立って大騒ぎしている数人がいた。
「何でそんなに騒ぐんだ?」と訝ると、見覚えのある面々だ。
を含むスナックOscarの客で同年代のグループだと分かった。
騒ぎの原因は、冒頭馬券の通りだ。
4-7 を厚めに
1-7
5-7
7-8
と買って
さらに買い足して
2-7
6-7
まで押さえて
自信満々! 
人気のホリスキー何するものぞ!
勝つのは、前日の単勝倍率が41倍でも 7枠 モンテファストで決まり!
550キロ巨漢モンテファストが、遂に、京都3200メートルの古馬長距離レースの最高峰で、真価を発揮する時という予想である。
 
しかし現実は、残酷だった。
予想通りモンテファストが勝ったにも関わらず、馬券は不運にも外れている。
7枠(モンテファスト)を軸に、 3-7以外の全て揃っているところへ 、
枠連では、稀な万馬券で 、その結果3-7で配当が14,410ー   
 
1着  7枠  ⑮モンテファスト
2着  3枠  ⑥ミサキネバアー 1-1/4
3着  4枠  ⑦ホリスキー    ハナ
 
全兄のモンテプリンスが、「無冠の帝王」を返上した淀の舞台で、
突如、ステイヤー(長距離馬)の覚醒し、
「賢兄愚弟」の汚名を、やはり返上した⑮モンテファスト 6才(吉永正人)の快勝だった。
巨漢馬にありがちな足元の甘さが、解消され、
当日の天候が好転してきた事も、蹄が大きく大跳びのモンテファストに有利に働いた。
⑮モンテファストの最終単勝倍率は、前日の単勝倍率41倍から、当日6番人気14.1倍に躍進していた。

2着3着は長い写真判定の途中で、当の馬券を買ったは、
「ホリスキーが2着だったら(4-7が)本線で当たっている」と、諦めが悪いことを言っている。
実際、⬆︎4-7なら43.8倍、は2,000円持っていて、配当は87,600円となるので、
件(くだん)の馬券を握りしめて写真判定を待ち、ハナ差で地獄に突き落とされた無念は察して余りある
周りで、予想の確かさを誉め称えつつ その不運が、気の毒で可笑しくて大騒ぎしていたのだった。
「⑮モンテファストの単勝を買ってレバ1点で獲りやん」 俺は 奴らに合流して、
競馬場から、大量に排出される帰り客の満員電車を遣り過ごすのと時間調整を兼ね、
夕暮れの淀駅近くの、淀城址の石垣から沈む夕陽を眺めて、皆で黄昏(たそがれ)てから、、、 
 電車で『スナックOscar』へ繰り出したのだった。
件の馬券が、当日の酒肴になったことは、言うまでもない。
 
たらレバが   幅をきかせる 赤提灯  (詠人不知 )
俺も含めて以外の全員が、 ハズレ馬券を棄てた中で 、
後の戒めの為に、この馬券が俺の手元に置いてある。(↓因縁話2)
「きっと、このエッセイを書け」とが如く、、、。

中島みゆき「わかれうた」の替え歌 
に掴まって 馬の名を~
呼び続けたことが ありますか
ひと事に云うほど 本命は ~
易しく来るものじゃ あ~りません  ♪

(詞:K吉一郎)


「ゴール前で、そないに でかい声で、叫ばいでも・・・ 来るもんは来るし、来ーへんもんは来ーへんぞ  もうちと 静かにできひんのかい?」

「俺も、どやした(叫んだ)かて 馬が加速したりは   せんと思うで ・・・せやけど、(たまたま結果的に)来たときは、どやしたから来たように思うねん」

 
 
 
cf.日想観銀閣寺・吉田山界隈
⬇︎旧淀駅ホームあたりから西を望む・・・昔、京阪電車 淀駅は、淀城址のすぐ近くだった。
                       し  ろ
愁ひつゝ  古城に登れば  あかね雲    (詠み人  俺)
 
 
 
因縁話2
このハズレ馬券を 俺が保管しているのは、
当日、皆で黄昏た後に集ったスナック・・・
京大近くのスナックOscarが、2011年に閉店することになって、
そこに、この外れ馬券を貼り付けてあるノートがあり、
それを含む思い出が詰まった「Oscarノート」の保管者として、
近所に住んでいる俺が指名されたのだ。